第20回マツタケ人工栽培究極の会 令和2年1月18日(視察&新年会)

令和2年1月18日マツタケ人工栽培究極の会(視察&新年会)

北区小野辺り山林視察

松林がちらほら

昔はいっぱいマツタケが取れて景気がよかったのよ!

「マツタケを一籠持って行くと、御茶屋で芸者さんと一晩 遊ぶことができた。」 とか

「昔の長者番付上位は、みんな山持ち(山林王)だった。」 とか 聞きますが、、、。

僅か数十年前の 往時の、名残りを感じることができません。

 

 

左から野村、吉原、植野、大島、藤田利幸、藤田博美、高瀬の各氏とカメラマン田中康一 旧周山街道 廃道にあるゲートの辺り。

 

日下部五右衛門さんのマツタケ山を遠望。左端が田中

 

京都府立ゼミナールハウス視察

ここで、才村さんが合流

赤松が少し。

こちらも昔はマツタケが。。。

ここから北側は、大山(だいせん)の噴火による降灰により、黒ボク土で20㎝ほどの層があり、

トリュフを見つけたこともある(地元の古老W:藤田博美さん談)そうです。

豚を使わずに、どうやって見つけたのでしょうか?

対して、南側は黒ボク土が流失していて、丹波地方の名の元となる赤土で

マツタケが大層よく成ったそうです。

 

 

Kさん宅で珍しいものを見せてもらいました。

ツクバネは、ヒノキや馬酔木との共生植物で、非常に珍しい植物です。ヒノキと馬酔木との関わりがナゾで、そのナゾを持つという点が、ツクバネとマツタケとの共通です。

ツクバネ

 

正月の羽子板の羽に似た実。吉兆のおせちのお重の四隅には

ツクバネを塩茹でして色留め着色したものを、

重の飾り付けにしてあるそうです。

衝羽根と書きます。ビャクダン科の半寄生落葉低木、果実は直径5mmくらいで、羽子板でつく羽根の形に似ていることから正月料理などに飾り用として用います。35ケ入¥1,350/1瓶

商売への予感を感じつつ、ホントの羽子板の玉はムクロジ

イワナシも、すぐ近くに生っていました。

イワナシは、ナシのような甘味があり、食用になります。

 

道の駅 ウッディー京北でランチ

京見峠入口(鷹峯街道とR162の三叉路付近から東を望む)

 

京見峠

 

花札の八月の景色 (芒に月のモデルになった山)

終着。。。

北区の鷹峯 光悦茶屋のあたりは、江戸時代後期

琳派の工房が集まっていたところで、

花札の芒に月の画材となったマツタケ山の裏は、右大文字です。

 

 

15:00に一旦解散して、17:00からの新年会迄の間に、

今宮神社の「あぶり餅」を頂きました。

 

 

そして新年会へ。。。

新年会は、関谷先生が合流されました。

 

 

 

 

お知らせ

藤田博美さんと野村龍司は、

ヤマトタマムシの研究会をやっています。

「タマムシ同好会」は、現在会員募集中で、

今年は、8月1日(土)が例回です。↓

 

ヤマトタマムシの話

 

玉虫厨子 捨身飼虎図

 

 

コメントを残す