マツタケ菌糸の生態は・・・

野村様より数度の疑問がアップされていますので、マツタケ菌糸の生態について解説図を掲載します。なお、本図は「マツタケ栽培の実際」富永保人・米山 穰氏の共著版からの転写です。

昭和53年発行ですので新規発見があるとは思いますが、生態の原型ととらえています。

マツタケ菌糸の生態は・・・」への1件のフィードバック

  1. 吉原さん有難うございます。

    生理的ヘテロタリズム
    接合する2個体間に形態的区別がなく、生理的に異なっている場合である。一対の不和合因子A1A2による二極性と、二対の不和合因子A1A2、B1B2による四極性とがある。(5)二極性生理的ヘテロタリズム 一対の不和合因子は減数分裂のときに分離するので、各個体はA1型かA2型かどちらかの交配型に属し、不和合因子の異なる個体の体細胞間で接合がおこる。コウボキン類やクロボキン類でみられる。担子菌類の多くは、二極性よりもむしろ、次にあげる四極性である。(6)四極性生理的ヘテロタリズム 不和合因子であるB1B2は、A1A2とは別の相同染色体上にあるため、減数分裂の結果として4種の組合せができ、交配型はA1B1、A1B2、A2B1、A2B2の四つとなる。しかし、接合は共通因子が一つもない組合せ、A1B1とA2B2の間、およびA1B2とA2B1の間でおこる。交配型は基本的にはこの四つであるが、不和合因子は、しばしば染色体上における「座」に変化がおき、異なる対立形質を生ずる。たとえば、A1A2のほかに少数のA3A4ができるなどである。こうして代を重ねるとAnまでできることになり、B因子の場合もこれに似た様式となる。したがって、交配型は非常に多様化しているといえる。[寺川博典]

    僕は、視覚的・図式的でないと、理解できないです。
    大体、わかりました。
    大体、種子植物とは違うということが、理解できました。

コメントを残す